犬のしつけの最適な時期

犬のしつけの最適な時期

犬のしつけをすることは飼い主にとって義務です。犬のしつけには、しつけを始める最適な時期があります。犬のしつけの最適な時期を知っておくことで、楽しくスムーズに進めることができます。東京都大田区にあるセレネしつけ教室では、出張しつけ方教室を行っておりますので、犬のしつけでお困りの方は是非ご利用ください。

 

生後直後からのしつけ

 

人間の感覚でいうと、生まれたばかりの赤ちゃんにしつけをしてもあまり意味がないと考えがちですが、犬と人間では歳の取り方が違います。

犬は人間の約10倍のスピードで成長していくため、生後半年の犬は人間でいうと6歳になっているということになります。

人間でいう6歳は小学生レベルですから、生後直後からしつけを始めても早すぎるということはなく、逆に早ければ早いほどしつけやすいということになります。子犬の頃にきちんとしつけがされているかどうかで、成犬になってからの普段のワンちゃんの行動に大きな違いが出ます。

 

成犬になってからのしつけ

 

犬は早ければ早いほどしつけやすいですが、成犬になってからでもトレーニングを始めるのに遅すぎるということはありません。

しかし、成犬になってからしつける場合は、なかなかいうことを聞かなかったり、しつけにてこずったりすることがあります。成犬になるとこれまでのクセを一度修正し、また一から新しいことを覚えさせる必要があります。

子犬の頃から始めるしつけに比べると難しく感じることもありますが、根気よくしつけることが大切です。成犬になっているからといってしつけることを諦めず、ワンちゃんをお家に迎え入れたその日からしつけを始めることをおすすめします。

 

東京都大田区にあるセレネしつけ教室では、出張しつけ教室や預託トレーニングを行っております。

子犬との接し方や「お座り」「待て」などの基本的なしつけトレーニング、成犬の噛む・吠える・飛びつくなどの問題行動まで何でもご相談ください。 お試し体験コースもご用意しておりますので、お気軽にご利用頂けます。大田区や世田谷区、目黒区、品川区、川崎市で犬のしつけにお困りの方は、是非ご利用ください。


PAGETOP