孤独(留守番)が続くと犬もうつ病になる

孤独(留守番)が続くと犬もうつ病になる

うつ病は人間だけの病気だと思っている方が多いと思いますが、犬もうつ病になってしまうことをご存知でしょうか。あまり知られていないことですが、犬も寂しさからうつ病になってしまうことがあります。

犬のうつ病

ご存知の方は多いと思いますが、犬は基本的に群れで行動することが多い動物です。そのため、家を空けることが多く留守番させることが日常化していると、寂しさを感じてうつ病になってしまう危険性があります。

人間社会で飼われている犬が最も心を許せるのは飼い主です。そんな唯一の繋がりが、そばにいないことは不安が多く、ストレスを溜め込んでしまう要因になってしまいます。

また、留守番だけでなく、飼い主の機嫌が悪いことが原因でもうつ病になる可能性があります。犬は飼い主の機嫌に敏感です。自分が生きていくために頼るはずの存在が怒っていると自分が何か悪いことをしたのではと考え、ストレスを溜め続けてしまいますので注意が必要です。

うつ病が疑われる犬の行動

犬は人間と違い言葉を話せませんので、飼い主は行動で犬の状態を判断しなければなりません。うつ状態になると、むやみに歩き回ったり、無駄吠えをしたりする行動が目立つようになります。

さらに、自傷行為を行うこともあるので注意してください。他にも、下痢や食欲不振、狭いスペースに入り動かなくなるなど、通常とは違う行動や変化が見られるので、注意深く観察することが大切です。

うつ病を防ぐには

1番の方法はなるべく一緒にいるようにして、名前を呼んであげたり、体をなでてあげたりとスキンシップをたくさん行うことです。

しかし、忙しい方にはその時間が持てず、どうしても留守番させる時間が長くなってしまうことがあると思います。いきなり長時間の留守番はさせず、徐々に留守の時間を長くしていき慣れさせる方法もいいでしょう。

それも難しいようなら、ペットホテルなど犬預かりサービスを利用することをおすすめします。犬預かりサービスを利用すれば、寂しさを紛らわせるだけでなく、飼い主以外の人間や他の犬に慣れますので、人間社会の中で暮らしてもストレスを抱えにくくなります。

東京都大田区にあるセレネしつけ教室では、預かりサービスだけでなく週末自宅を留守にすることが多いという方のための、出張しつけサービスも行っております。

しつけを覚える大切な時期である子犬をお預かりし、寂しい思いをさせないだけでなく、基本的なしつけを行うことも可能です。 また、問題犬預かりサービスも行っていますので、しつけでお困りの方もご相談ください。料金詳細や不明点などは、お気軽にお問い合わせください。世田谷区や目黒区にお住まいの方のご利用をお待ちしております。


PAGETOP