犬がお腹をみせるのには理由がある!

犬がお腹をみせるのには理由がある!

ワンちゃんを飼っていると、仰向けになってお腹を見せる仕草を目にすることもあるのでないでしょうか。そのような仕草には、実は様々な意味が含まれています。ワンちゃんの感情を理解してそれをしつけに活かす為にも、是非それぞれの意味をおさえておきましょう。

 

服従をあらわしている

 

犬の社会では、上位と下位の者がそれぞれ存在しており、服従は下位の者が上位の者に対して行います。 お腹は犬の弱点であり、お腹を相手に見せることで、敵意がないことを伝えているのです。服従を示す際は、後ろ足の間に尻尾を巻き込み、仰向けに横たわるので、確認してみましょう。 また、服従は犬同士のコミュニケーションとして大切な行動の為、犬同士が行っている時は、暖かく様子を見守ることが大切です。

 

飼い主に甘えている

 

飼い主にかまってほしいと思っている時に、お腹を見せる場合もあります。この光景は成犬になる前の子犬によく見られ、信頼している証といえるでしょう。 しかし、ワンちゃんの中には大人になっても行う場合があり、友好と愛情を求めています。その為大切な愛犬が、お腹を見せて甘えてきていることをアピールしたら、優しくさすってあげるといいでしょう。

 

背中に炎症が発生している

 

ワンちゃんは体の構造上、人間のように背中を自分でかくことが出来ません。その為、背中に炎症が発生すると仰向けになり、体をクネクネと動かすことで、かゆさを紛らわせようとする場合があります。

このような行動が長引く場合は、一度病院に連れて行って、的確な処置をしてもらいましょう。

 

飼っている犬のしつけに困っている方は、是非セレネしつけ教室にご相談ください。

セレネしつけ教室は大田区にある犬のしつけ教室で、トイレやお座りなどの基本的な犬のしつけをマスターされたい方のサポートを致します。また、吠える、噛むなどの威嚇を頻繁にしてしまうワンちゃん向けの問題犬お預かりトレーニングも行っておりますので、まずは一度お気軽にご連絡ください。


PAGETOP