災害救助犬、雪山訓練

災害救助犬、雪山訓練

2019.02.08

警察、消防との合同雪山訓練で赤城山に行って来ました。とても良いお天気で、東京は春のような気温だったそうですが、流石に山は冬でした^^;

私は富山市出身なので子供の頃はミニスキーが大好きでよく滑っていました。

ミニスキーとは子供が遊ぶ安いプラスチック製の短いスキーの事です。探したら今でも売ってました。

https://item.rakuten.co.jp/fieldboss/13226/

実家のすぐ裏手にあった小学校校庭には雪が降るとブルドーザーで大きな雪山を作ってくれました。男の子も女の子も皆んな辺りが暗くなるまでミニスキーで遊んでいました。1番家が近い私が1番最後まで遊んでいましたけどね。

一人で膝まで積もった校庭の雪の上で仰向けに寝転び、空から降って来る雪を眺めているのが好きでした。そうすると雪の降る日は何も聞こえないんですよ。辺りが静まり返っていました。

最近ではそんなに雪が積もる事もなく、また私の母校も少子化でとっくに廃校となりました。

子供の頃は平和だった。幸せだった。神様に守られていたんだなとしみじみ思います。

時代も環境も変わって、自分も大人になり、気が付けばあの頃の先生方と変わらない年齢になりました。

今の子供たちも恵まれて幸せですね。

平成が終わり新しい時代がまたやって来ますが、これは八白土星の今年しかなかった、今年であるべきだったのだと気学の先生から教わりました。そういう事をちゃんと計算した上であったのだそうです。

産まれた日にも意味がある。だから犬にもそれは当てはまる。知らずに飼った我が子でも後から調べたら不思議なご縁があった事もわかります。

私はまだまだ勉強不足でわからないですが、気学や数秘術、易学を片手間で習っているのは、そんな不思議な世界が楽しいからです。

今日も実は八卦のスクール日だったのですが、どうやら講師の先生がインフルエンザのようで急遽中止となりました。

だから家で大祓詞の勉強をすることにしました。

さて、雪山訓練ですが、久々の雪山でズボズボと雪の中に足を取られて数回コケましたが、登りはイリスがガンガン引っ張ってくれたので楽に進めましたw

普段からGO!GO!GO!GO!と言う合図でリードを思いっきり引っ張って走る訓練のお陰です(笑)

イリスは元々リードを引っ張って歩く子だったのでコマンドを入れたのです。だから山道は楽チンです。下りは死にます(笑)

柴犬のポロちゃんも初めての雪にルンルン。チワワのちひろちゃんはホットカーペットでぬくぬくお留守番です。


PAGETOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。