災害救助犬認定更新

災害救助犬認定更新

2019.01.24

災害救助犬認定試験は3年に一度更新しなければいけません。一度合格すれば更新不要な協会もありますが、大抵の場合は練習を兼ねて毎年受験されている方が多いです。

イリスが初めて合格したのは国際救助犬IRO認定A段階で、生後1歳でした。災害救助犬ネットワークの試験もその後に合格し、あれからもう3年になろうとしています。その後、IRO認定B段階合格、JKC災害救助犬認定合格と順調に進んでいます。

イリスは作業が速い。制限時間15分のうち最初の3〜5、6分以内で3名を発見してしまいます。競技会ではないので順位はありませんが、一応トップの成績で合格です。まだまだ課題はありますが、定期的な訓練を積み重ねていく事が大切です。


PAGETOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。